融雪剤 錆び

寒さが厳しいこの季節。
雪が多い地域では、スムーズに雪を溶かしてくれる融雪剤が活躍します。

しかし、融雪剤の成分によっては植物や人間の皮膚を荒れさせてしまったり、車の車体を錆びさせてしまったりなど、悪影響を及ぼしてしまうことがあります。

悪影響を及ぼしてしまう融雪剤として「塩化カルシウム」が挙げられます。
塩化カルシウムは、雪に撒くと素早く水分と結びついて雪を溶かしてくれるので、植物のないところや車が通らないところに撒くといいでしょう。

また、悪影響が少ない融雪剤として塩化マグネシウムが挙げられます。
塩化マグネシウムは塩化カルシウムとは違い、植物や人間への悪影響が少ないほか、車体を錆びさせることもあまりないので駐車場に撒くこともできます。
しかし、その代わりに雪を溶かすスピードがゆっくりだというデメリットがあります。

融雪剤は状況に応じて使い分けることをおすすめします。



シャネル フェイシャルオイル

2月16日にシャネルからブライトニングフェイシャルオイル「ル ブラン ユイル」が発売されました。

このフェイシャルオイルには「ウメフラワーエキス」が配合されていて、肌のくすみや潤い不足、色素沈着の原因となる物質を抑制してくれる効果があるそうです。

また「ウメフラワーオイル」も配合されていて、肌に必要な脂質を取り戻し、肌本来のバリア機能を取り戻してくれる効果があるそうです。

オイルだけどサラッとしていて肌に馴染みやすいテクスチャーで、シャネルらしい洗練されたフローラル系の香りがすると評判になっています。

お肌の乾燥するこの季節、普段の保湿ケアにもう一手間フェイシャルオイルを足してあげるといいのではないでしょうか。

平昌五輪 男子フィギュア

本日、平昌五輪でフィギュアスケート男子ショートプログラムが行われました。

昨年の11月NHK杯の公式練習中に右足首を負傷した羽生結弦選手は、昨年10月のロシア杯以来約4ヶ月ぶりに実践復帰しました。
負傷の影響を心配された羽生選手でしたが、完璧な演技を披露し111.68点という高得点を叩き出し一位になりました。

宇野昌磨選手も自己ベスト104.87点に迫る104.17点で三位に入賞しました。
また、107.58点で元世界王者のハビエル・フェルナンデス選手が二位になりました。

明日17日にフリーの演技が行われます。
男子フィギュアの結果がどうなるのか、見届けたいですね。